ママさんナースの仕事内容と診療科特長なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

子育て中ママさんナースと看護師求人

ママさんナースと看護師求人の現状
ママさんナースの看護師求人探しと復職は、なかなか希望条件に合う看護師求人が無く悩ましいものです。

 

日本の潜在看護師数は71万人(正・准内訳不明)と言われ、現在勤務中の看護師約140万人(正看101万人、准看35万人)と合わせると、実に看護職の有資格者は200万人近くいます。

 

しかしながら、就業率は60%くらいしかいないため現在の120万人〜140万人の看護勤務者では、全国でまだ6万人が不足していると言われています。

 

ママさんナースの希望と現実のギャップ

ママさんナースの意見

  • 子育てのブランクがあり看護技術について行けるか心配。
  • 保育園児や小学校低学年なのでフルタイム勤務はできない。
  • 子供の急な発熱などで急な休みが取れるのか。

 

採用側の事情
たとえ看護師不足の状況とはいえ、勤務条件の厳しいママさんナースを雇うと既存看護師から不満が出る恐れがあり、なかなか採用に踏み切れないものなのです。

 

ママさんナースも条件を譲歩するべき!?

子育て中ママナース復職希望条件緩和
保育園に入れて早めの復職で働くママさんナースや、小学生になったから復職するママさんナース、中学生になって子育てが一段落したから復職するママさんナースなど、ママさんナースごとに事情は異なるものです。

 

小学生までの子育て中ママさんナースが、家庭を両立するために希望する働き方で最も多いのが「近い、非常勤、時短勤務、クリニックor外来」です。

 

子どもの送迎があるから、近くのクリニックで朝送ったあと出勤して時短勤務で迎えに行く、週数回の勤務というものです。

 

さらに扶養内希望ともなると、残念ながらこんな都合の良い求人はめったに出てきません。

 

そして、実情を考えるとこのような求人自体、出てくることは無いのかもしれません。クリニックは看護師を1名or2名で運営しているため、看護師の急な休みに対応することは非常に難しいのです。

 

子どもがすでに大人になって病気になっても自分が休む必要が無いママさんナースに向いているのかもしれません。

 

逆に、小さい子供がいるママさんナースほど、病院勤務の方が良いと思われます。

 

病院というと、夜勤、病棟、看護ケアなどが思いつき、確かに実際その通りですが、ママさんナースが多く働いている病院も増えており、ママさんナースが働きやすい環境が整っている証拠でもあります。

 

病院看護師のメリット

ママナース病院勤務のメリット

  • 病棟看護の経験はスキルアップになる
  • 託児所あり
  • 復職支援のための教育充実
  • 看護師多い方が急な休み取れる
  • 病棟から外来異動も可能

ブランクがあるママさんナースは、看護技術を覚えるのに時間がかかると思いますが、頑張って勉強していきましょう。

 

一方、病院のやり方が病院ごとに違うため、看護技術以外にやり方に慣れるのに時間がかかると思います。

 

看護技術や医療知識はどの病院に行っても共通のものですが、病院ごとのやり方は違うため、慣れたらその病院で勤務を続けることが一番の負担軽減になります。

 

病院なら看護部長が年齢的に子育てが終わっていたり、子どもが独立していたりそもそも子育てに理解があります。

 

看護部長になるには、子育てをしながら過去多くの試練とキツイ勤務を経験したはずですし。

 

訪問看護はママさんナースに意外と人気!?

訪問看護がママナース人気の理由
しっかり理解すると働いてみようと思うママさんナースが多いのが訪問看護です。
訪問看護が人気の理由は

  • 1コマ単位で勤務できる訪問看護ステーションもある。
  • 時給が高く非常勤でも稼げる。
  • 今後成長する分野。必要とされる看護師になれる。

診療報酬改定で、7対1病院が減り看護師が余る日が来ます。

 

今いまは、まだ看護師は不足しているので今日の明日でそうなる話ではないですし、全ての病院が該当する話でもないのですが、

 

入院期間を短くし、増え続ける医療費を下げるために急性期病院を減らし、つまり7対1病院が減り、10対1の地域包括ケア病棟などの看護配置が少なくて済む病院構成に代わっていきます。

 

あふれ出た看護師は仕事が無いのかというとそういうわけではなく、入院期間を短くして退院した患者が在宅ケアに移行するので、訪問看護のニーズが高まりすでに訪問看護師が大幅に不足している状態が始まっています。

 

※在宅復帰とは自宅に帰宅したことだけで無く、急性期病院を出て、自宅・高齢者施設・地域包括ケア病棟・療養病棟に移ったことを言います。

 

看護師は女性ならではのライフステージごとに条件が変わります

ライフステージに合わせた介護施設・訪問入浴・デイサービスの看護師のお仕事選び
看護師の94%は女性ですのでライフステージが変わると要望や勤務条件が変わります。

  • 就職のとき スキルアップをしたいから教育体制や医療設備が整っている急性期病院を希望
  • 結婚したら 旦那の休みに合わせて働ける職場や、平日のみ、日勤のみのお仕事を探したい
  • 引越ししたら 旦那の転勤で知らない土地に引っ越ししたけど転居先での就職活動は誰に相談すればいいの?
  • 子育てしながら 子どもが生まれて保育園の送迎に合わせた時間帯でパートがしたい。時短勤務じゃないと働けない
  • 復職のとき 子育て期間は専業主婦だったから何年もブランク期間があるけどブランクOKの職場はあるの?
  • 家族を介護しながら 親の介護でいつ働けるかはっきりしないからデイサービスなどで1日単位でアルバイトをしたい

看護師のお仕事は、常勤、非常勤、派遣(長期派遣、短期派遣)、単発・スポット(1日単位)まで幅広い求人が見つかれば常に看護師の資格を生かして就業ができます。

 

ライフステージに合わせて、施設形態も変えて幅広い看護技術を積んで行けると思えば、病院やクリニックだけにこだわらず、介護施設やデイサービス、訪問入浴など選択肢は広がります。

 

扶養内を希望するママナースが非常に多い現実

扶養範囲内希望の看護師が多く求人は少ない
子どもがいるということは、旦那がいて家族3人や4人で生活をしているでしょう。保育園、幼稚園、小学生の子どもを持つ家庭では、これから学費がかかっていく時期になるわけです。

 

中学から私立に行こうものなら、旦那だけの稼ぎでは将来の自分たちの生活も不安になるので、自分もナースとして復職して働きながら将来の学費と生活費を稼いでおこうと、みんな考えるのです。

 

しかも子どもが保育園、幼稚園、小学生のうちは日勤フルタイムで働けません。

 

保育園は延長保育を利用すれば良いかもしれませんが、幼稚園は8時預けで14時終わり、小学校は8時に家を出て14時終わりなど、ママナースとして働こうとしても時短勤務にせざるを得ないのです。

 

中途半端に働くと年収103万円を超えてしまい扶養外になって、家庭が負担する税金が上がってしまうので、旦那も共働きにしたいけど扶養内で働いて欲しいということになるのです。

 

看護師はスーパーのアルバイトと違って、有資格者の仕事なので時給が高いので、ちょっと働くと扶養範囲を超えてしまうのです。

仮に時給1,800円の非常勤の仕事だとすると・・・
一日8時間勤務で月6日勤務で年収103万6,800円
一日4時間勤務で月12日勤務で年収103万6,800円

 

時給2,000円の非常勤の仕事だとすると・・・
一日8時間勤務で月5日勤務で年収96万円
一日4時間勤務で月10日勤務で年収96万円

 

月6日勤務は、週1日と週2日を隔週勤務で月6日。
月12日勤務は、週3日勤務。
月5勤務は、ほぼ週1日勤務。
月10日勤務は、週2日勤務+1〜2日程度。

 

更に、土日は旦那が休みだから休み希望でしょうし、子どもの夏休みや冬休みなどの長期休暇は、学校が無いので子どもを預かってもらえる場所が無くて働けない事もあるでしょう。

 

病院やクリニックの職場は、看護師がいればいいというわけではありません。シフトにしっかり入れて、仕事も覚えて患者対応もできる看護師が欲しいのです。

 

子育て中の看護師は、ほぼ全員と言っていいくらい扶養内を希望していますが、病院やクリニックが扶養内求人を出すことは少なく、求人数よりも希望者が多いので、扶養内求人はほぼ無いと思った方がよいでしょう。

 

保育園、幼稚園、小学校の終了時間までしか働けないのであれば時短希望になるのはしょうがないと思いますが、看護師で復職をしたいのであれば希望を考え直すべきでしょう。

 

時短で扶養内で土日祝休みで夏休みは長期休暇が欲しいという希望ではなくて、扶養範囲内じゃ無くてOK、土日も毎週は無理だけど月に2〜3回は出勤する、長期休暇は学童利用や両親の力を借りるとか誰かの助けを借りて出勤できるようにするとか、努力をしましょう。

 

決して扶養範囲内希望が悪いというわけではないのです。ブランク看護師に、扶養範囲内希望ではなかなか求人が見つからないという現実を知ってもらいたいのです。

 

当サイトはママさんナースを応援しています!

ママナースのブランク復職を応援する看護師求人サイト
ママさんナースは自分が働きたいと言っても、家庭の理解やご主人の理解、実家の両親の理解や子育ての手助けなど、周りの環境に左右されてしまいます。

 

実際に、親の介護で専業主婦にならざるを得ないなど環境に左右されてしまう潜在看護師さんも多くいます。

 

その中で、しっかりやりたい看護をやれる病院や、条件にピッタリのクリニック勤務など、実現するのはなかなか難しいのかもしれません。

 

介護施設も検討してみるとか、非常勤、派遣、単発も視野に入れて希望条件を少し譲歩しながら探すと、意外と早く希望の求人に出会えます。

 

 

求人サイトを利用した転職活動エピソード

育児中で保育施設を希望する看護師が、女性の子育てと家庭仕事両立に悩んでいましたが、求人サイトを利用したので無事条件に合うお仕事が見つかりました。

 

30代 正看護師 総合病院勤務

転職しようと思ったきっかけは?

院内保育所は以前からあり、夜間保育もあるので病棟夜勤勤務が可能でしたが、病院自体が古く当然保育施設も古くなって老朽化していました。子どもが可愛そうだと思っていましたが、民間の保育所だと料金も高いし、夜勤もできなくなるので勤続していましたが、近くに新病院ができ、保育所も併設していたので転職をしました。

 

転職活動は成功?失敗?不安だったこと

不安があったのは看護部長や病院の方針が子育てに理解があるのかどうかです。子どもなので急な発熱などもあるため、子育てしながら夜勤もやるというのはいつも神経を使います。それと子供が新しい環境になれるかどうかが心配でした。

 

不安がありながら転職に踏み切れたのは、新築という環境面だけでなく、子育てへの理解や支援が充実しているからです。年次有給休暇の取得促進、子の看護休暇の取得、時間単位の年休制度があり通院など遅刻・早退の際に気軽に利用できるからです。

 

院内託児所に預けられるのが3歳までの子どもなので、その後は近隣の保育園、幼稚園を利用することになります。小学校に入学後も看護師として育児をしながら働き続けていきたいので、延長保育、幼稚園の延長教室、学童を利用しながら、家族の支援を受けながら働いていきたいと思っています。

 

30代 正看護師 総合病院勤務
(出産育児休暇から復職)

転職しようと思ったきっかけは?

私は出産のために休業をしました。退職して専業主婦になるか、退職して子育てがひと段落したら就職活動をするか主人と相談した結果、子どもが6か月過ぎてから様子を見ながら復職できるように育児休業の取得をしました。

 

転職活動は成功?失敗?不安だったこと

育児中の看護師は夜勤を免除してもらえますが、他の職員やナースに負担をかけてしまうので、人間関係に不安を感じていました。特に夜勤要員が不足すると二交代夜勤が6回以上というシフトも発生してしまうためです。

 

現在勤務については看護部長、師長が派遣看護師をうまく活用しながらシフト組をしていますが、私が子育てが落ち着いて夜勤ができるようになったときに、逆の立場になるのである程度ルール整備をしておかないと、私同様の不安悩みを抱える看護師が出てきてしまうと思います。

 

育児のために休業したのですが、実際に職場復帰出来るかどうか不安でした。病棟看護師だと夜勤が必須ですが子育て中は夜勤免除をしてくれるし、院内保育所を見学したときに保育士から保育所の説明や育児と仕事を両立するためのアドバイスをもらえたので、安心して職場復帰できました。。

 

30代 正看護師 総合病院勤務

転職しようと思ったきっかけは?

保育園に預けながら仕事をしていましたが、民間保育園は料金が高く何のために働いているのか分からなくなることが合って、院内託児所がある病院に転職をしました。

 

転職活動は成功?失敗?不安だったこと

独身時代に結婚前に働いていた病院で、今なら状況や立場が理解できるのですが、急にママさんナースが欠勤になって夜勤人数が不足して激務になったり、休日出勤になったり体力的にキツイ事が多々ありました。転職後は私自身も急な欠勤をすることもあるからお互い様ということで看護職員同士で協力し合っています。

 

他の院内保育所に子供を預けて勤務している看護師も、子供の急な病気で欠勤することもあるし、子供の病気が自分に移ってしまって欠勤したり、インフルエンザなどで自分自身も様子見の自宅待機をよぎなくされたり、
常に急な欠勤をする可能性があることに不安を感じています。

 

子育てと両立できる環境なので転職できてよかったと思います。

 

ブランクから復職するママナースが希望の求人に出会えるコツは看護師求人サイトに登録して相談することです!

 

ハローワークや新聞折り込み求人は、既にみんな見て調べています。既にみんなが調べた後では希少な扶養範囲内の時短求人は残っていません

 

ママナースの求人・復職に強い求人サイトに登録すれば、非公開求人の扶養内求人も一般公開される前に紹介してくれるんです。

 

今どきの看護師求人サイトは、面接対策もバッチリ♪専任コンサルタントのサポートで、ママさんナースの強い味方なのです!

 

 

合わせてよく読まれている記事

 






看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方