看護師は結婚相手で人気1位職業だけど実際どうなの?

結婚相手で人気職種1位看護師と付き合うのは意外と大変?

看護師と付き合うのは意外と大変なの?
看護師は結婚相手で人気1位の職業といえますが、看護師と聞いてどんなイメージを持ちますか?

 

面倒見がよい、白衣の天使、病気になったときに頼りになる、お金を持っている、など様々な意見があります。

 

家族や親せきからも結婚相手として看護師が人気の理由は、安定した職業で病気になったときに健康相談ができるからみたいですね。

 

さて実際はどうなんでしょうか。看護師と付き合うのは意外と大変?看護師は離婚率が高い!?看護師に言ってはいけないNGワードは!?

 

看護師の結婚相手で一番多いのはやっぱり職場結婚!?

看護師結婚相手はやっぱり職場結婚
一番多そうなのは職場結婚です。

 

職場で一緒に働く医師や男性看護師との職場結婚が多いのは事実です。

 

生活リズムが同じだし看護師という独特の世界観と価値観が合う部分があるのかもしれません。

 

しかし、サラリーマンとの出会いもあります。友達から合コンに誘われたり、友達の紹介だったり、友達がらみの出会いが多いようです。

 

実際に、看護師はお酒が好きなので合コンは誘いやすいようです。

 

職場結婚と言えなくもないのですが、病院に出入りしている業者さんとの結婚もあります。

 

病院の出入り業者なら、看護師と仕事中に会話をしやすいのもあって、製品や商品の納品、説明時に看護師と接することができます。

 

よくあるのが、MRの営業マンです。MRは医師への営業ですが、医薬品の契約を取ったあとは医薬品の納品や説明のために看護師と関わる機会があります。

 

病院の出入り業者だと、MRの他には医療機器メーカーの営業マンです。医療機器は使用法の勉強会を開催するので看護師と接触する機会があります。

 

病院に来る営業マンは元気な男性が多い傾向なので、看護師から見ても印象は悪くないのでしょう。

 

普段は生活リズムが違う会社員だと出会いの場も少ないのですが、営業マンなら看護師さんとの合コンに会社や学生時代の友達を連れて来てくれるようですので、業者だけでなく他の職種やサラリーマンとの出会いも横繋がりが出てきます。

 

後は、意外と出会いであるのは、看護師はアクティブな人が多いから、旅行先や出先で出会うなんて事も。

 

同僚と時間が合わず一人旅をする看護師もいるし、女性二人旅だから声をかけやすいのかもしませんね。

 

看護師と付き合うのは意外と大変!?

看護師デートと金銭感覚
普通に可愛い看護師も多いですし、若くて独身看護師はお金を稼いでいます。海外旅行やブランド品、エステなどで一気に遣います。

 

看護師の人気理由の一つが、高収入で安定のある仕事です。20歳代の看護師なら総合病棟で夜勤もやるので、新卒でも年収400万円を越えます。

 

一般事務やOLの1.5倍以上の収入の差があり、同じ年代でOLをしている人とは金銭感覚が違うでしょう。

 

それから、看護師と付き合うとなると休みを合わせるのが大変かもしれません。夜勤の不規則な生活と、シフト制勤務だから固定曜日の休みがとりづらいのです。

 

土日休みのサラリーマンと看護師が付き合うと、デートのタイミングがなかなか会わないかも。

 

日勤勤務が終わったあとにご飯を食べに行ったり、月に数回は土日の休みもあるはずなので、全く休みが合わないと言うことは無いでしょう。

 

結婚後の生活のリズム

看護師と結婚した後の生活リズム
看護師と結婚を考えるなら、看護のお仕事をしたいという気持ちを尊重してあげましょう。

 

子どもができるまでは夜勤ありのお仕事をしたいかもしれないのに、旦那が家庭との両立を希望して日勤のみや土日休みにして欲しいとなると、意見の食い違いや生活のズレが生じます。

 

子どもができたら、子育てでフルタイム勤務はできなくなるのだから、それまでの間は仕事をしたいなら思いっきり仕事をさせてあげるのが、看護師と結婚するときに覚悟が必要かもしれません。

 

手に職を持つ人と結婚して一緒になると考えれば、看護師になるために専門学校や看護学部を卒業して、国家資格を取得したわけなので、相手は資格を生かして仕事をしたい人と理解しましょう。

 

看護師資格はいつでも仕事に戻れる国家資格

看護師資格は一生使える国家資格
看護師資格は、一度取ってしまえば一生使える国家資格です。看護師は免許更新がありません。

 

看護師免許を取得すれば一生看護師として働けます。主に女性の職業なので結婚・子育て、旦那の転勤などの家庭の事情で離職や仕事を辞めなければいけない状況が発生しますが、引っ越し先や離職後のブランクがあってもすぐ求人は見つけられるし、復職も可能です。

 

高齢化社会が進んでいるので、看護のお仕事が無くなることはありません。在宅医療や老人看護の増加で看護師はますます必要となってきます。

 

長いブランク明けの復職時には病院やクリニックだけでなく、介護施設や訪問看護などの患者の在宅復帰促進のための職場も視野に入れておくとよいでしょう。

 

看護師と結婚して子どもが生まれたら、残業が多い忙しい急性期病院で働くのではなく、介護施設で日勤のみなど家庭との両立できるお仕事もあるのです。

 

看護師に言ってはいけないNGワード

看護師に言ってはいけないNGワード
みなさんが持っている看護師に対するイメージが、NGワードです。病院に行った時や入院したときに看護師さんが看護をしてくれるのですが、看護師は患者の医療処置や必要な世話をするのが仕事です。

 

仕事が終わってプライベートになったら、普通の女性に戻るので、当たり前ですが人それぞれ性格が違います。

 

献身的だから同棲しても何でもやってくれるだろうとか、自分や家族がケガや病気になっても面倒を見てくれるだろうとか、世話好きな人もいるでしょうが、看護師だからと決めたり言葉に出すのはやめましょう。

 

お金持ち、高給料もNGワードです。実際に仕事が忙しくてお金を遣う暇もないから、貯金はあるでしょうし、残業代や夜勤手当などで高給料だと思います。

 

看護師は基本給はあまり高くないので、基本給だけを比べたら、おそらく新卒なら事務職やOLとそんなに大差はないはずです。

 

残業代、夜勤手当、看護師資格手当などの各種手当てがつくから若いけどお金をもらっているだけなのです。

 

看護師の仕事を考えるともっと高い給料をもらっているとは言い切れません。

 

薬の取り違えで入院患者が亡くなったりニュースで見ますが、人の命を預かる仕事なので、仕事中は絶対に気を抜けません。

 

日勤と夜勤の不規則な仕事なのに、看護師不足や急なシフト変更で休日が削られたりします。

 

看護師は女性の職場なので、人間関係にも悩まされながら仕事をしています。患者や患者の家族から、文句を言われるのも看護師です。医師とも上手く付き合っていかなければいけません。

 

いつ仕事を辞めてもおかしくな状況で働いているので、その分給料が入ってくるのです。

 

やっと仕事が終わって看護師という立場から解放されたあとに、看護師って良いよね〜とか言われたら絶対に嫌な気持ちになりますよね。

 

言ってはいけないNGワードを覚えて、理解しておけば、看護師はきっと喜んでくれるでしょう。

 

看護師は離婚する確率が高い!?

看護師離婚率は意外と高い?
看護師は経験5年を過ぎると、職場によっては年収が500万円を超えてきます。新卒が21歳だとすると26歳くらいから年収が500万円を超えてくることになります。

 

シングルマザーの看護師は多いのは、看護師の年収が高いために生計が立てられることがあります。

 

男性のサラリーマンでも年収500万円で4人家族を養っていくことができるので、看護師として同等の収入が得られれば経済的な自立が可能です。

 

離婚の理由は人それぞれですし、収入があるから離婚率が高いというわけではありませんが、国家資格者で仕事もいくらでもある看護師だから、シングルマザーとして生きていけるので離婚に踏み切れるのかもしれません。

 

このご時世だから旦那よりも収入が良い看護師もいるはずなので、不規則な生活ですれ違いが生じたり、些細なきっかけから家庭が上手くいかないこともあるでしょう。

 

看護師の趣味思考は・・・

看護師の趣味と思考とは
お酒が好きな看護師は非常に多いです。お酒なのでみんなが好きというわけではないですが、ストレスがかかる職場なのでお酒が大好きな看護師は多いのです。

 

仕事帰りに仲の良い看護師としょっちゅう飲みに行く看護師もいます。看護師だからといって特殊なわけではなくて、サラリーマンと同じで仕事のストレスをお酒で発散するのでしょう。

 

旅行が好きな看護師が多いのも特徴です。国内旅行、海外旅行どちらも好きなのですが、まとまった休みが取りづらい職場なので、年に1回1週間くらい休みを取って、海外旅行に行く看護師は結構多いのです。1回の旅行費用も数十万円を一気に遣うみたいです。

 

可愛い看護師ほど、高いレストランの美味しいものを食べ慣れています。

 

ある意味職場恋愛ともいえる、医師と付き合ったり結婚する看護師は多いのですが、可愛い看護師ほど医師から誘われています。

 

医師は看護師以上にお金を持っているので、デートをするのも高級料理店などで美味しい料理を食べ慣れているのです。看護師から鍋が食べたいという話になったとき、高くていったことがないようなお店の名前が出てきたりするみたいです。

 

看護師と付き合う、結婚するのは出会いや相性もあるでしょう。看護師と結婚したからと言って、何かメリットがあるわけではないですが、国家資格保有者だったり、医療処置の専門知識がある点は心強いでしょう。

 

2025年に人口の1/3が75歳以上になる超高齢化社会がやってきます。すでに医療費と社会保障費は40兆円近い税金が投入されています。

 

看護師の嫁さんに老後を頼るのではなく、嫁が看護師なら医療関係者との繋がりをもっているという安心した老後が送れると考えた方が良いかもしれません。

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方