就業看護師数が過去最高に!データと読み解くポイント解説

就業看護師数が過去最高の108万6779人!

就業看護師数
就業看護師数が108万6779人となり、過去最高の人数となりました。2014年末時点での就業看護師数が7月16日に厚生労働省より発表がありました。

 

正看護師は前回発表された2年前の12年末時点から7万1035人増加(+7%)し、108万6779人となりました。

 

准看護師は34万153人で2年前より1万7624人減りました(▲4.9%)。正看護師と准看護師を合わせた就業看護師職員数は142万6932人となり、過去最高となりました。

ポイント!
正看護師は増加した一方で、准看護師は減少しています。正看護師は看護学校の新設などで今後も毎年5〜7万人ずつ増加が見込まれていますが、准看護師は2002年の39万3413人がピークで、その後減少し続けています。

 

准看護師が減っている要因は、以前から准看護師制度廃止に向けて議論が出ています。1996年の准看護婦問題調査検討会の報告書において21世紀の早い段階で准看護婦要請制度の統合に努めることが提言されました。その影響もあり、准看護師養成学校や養成施設が減少して、当然の事ながら定員の減少、学生の減少、卒業生の減少となり新たな准看護師が減っています。

 

准看護師については、新たな准看護師を減らす動きと共に、准看護師が正看護師になるための2年制通信教育過程の入学基準を准看実務経験を10年から大幅に短縮する(予定)など、准看護師から正看護師になる移行促進制度も整いつつあります。※2015年8月1日時点では未施行。

 

男性看護師の増加について

男性看護師
男性看護師の増加も順調に進んでいて、男性正看護師は7万3968人で2年前の2012年から1万647人(16.8%)の増加となりました。約10年前の2004年は3万1594人だったため倍以上となる4万人以上増えていることになります(女性看護師は2012年から6万388人増加:+6.3%)。

 

直近2年間では5人に1人 (約20%) が男性看護師となっていますので、現在の男性正看護師が正看護師に占める割合は6.4%となっていますが、増加傾向によってはあと数年で10%が男性正看護師になることも多いに考えられます。

ポイント!
男性看護師の活躍の場は確実に広がってきています。就業場所は精神科、オペ室、リハビリテーション病棟などが多いですが、女性病棟や産科などの女性特有の診療科を除けば、男性看護師も働けます。

 

男性看護師は女性看護師と違って結婚退職や産休育休の取得発生が低いはずです。看護師不足の大きな要因は2つあり、看護師不足による多忙で体調を崩し退職・休職してしまうことと、結婚・出産・介護・主人の転勤などで退職せざるを得ない状況の2つです。ママさんナースや潜在看護師の活用がうまく進まない理由もまさにこれです。

 

このペースで男性看護師の誕生増加と、職場の理解や活躍の場がさらに広がれば看護師不足解消の打ち手となると私は考えております。

 

就業場所別の傾向

看護師就業場所
就業場所別で見ると就業看護師数が最も多いのは病院で、常勤換算で全体の4人中3人となる76.0%となっています。診療所・クリニックは10.8%、介護保険施設などは5.7%となっています。また准看護師は病院が約半分の44.7%、診療所が31.1%、介護保険施設などが19.0%となっています。

ポイント!
正看護師はほぼ病院看護師として就業している一方、准看護師は半分が診療所と施設で就業しています。これは診療報酬制度と資格による役割の差が明確に出ていると言えます。

 

看護師の仕事内容に正看護師と准看護師の差は実際にはほぼ無いものの、スペシャリスト(認定看護師や専門看護師)、ゼネラリスト・管理職(師長、部長)といったキャリアップをしていけるのは正看護師となっています。

 

病院では看護配置が病院収入に直結するため、看護配置にカウントができる正看護師の採用と確保をします。2014年の診療報酬制度改定で7:1看護配置の厳格化が施工されましたが、7:1や10:1などの看護配置カウントは正看護師数で行う概念は変わっていませんので、病院は正看護師を必要としています

 

一方で准看護師は、クリニックでの医師の診療補助や急性期病院ではない施設での治療や健康管理の仕事が多くあります。准看護師は正看護師と比べ給料が低いためです。病院と違ってクリニックは看護配置の考えは不要なので、給料が高い正看護師を雇用する必要はなく、医療処置の技術があれば准看護師で十分です。准看護師を採用することで給料を安く抑えられます。

 

高齢者施設や老人保健施設も同じで、正看護師を採用しても看護配置による診療報酬制度の点数の違いはなく、業務内容も治療というより入居者や利用者の健康管理がメインになるので、わざわざ給料が高い正看護師を雇用する必要がありません。

 

一般看護師として現場看護で働いている間は、実務レベルでは正看護師も准看護師もあまり差はないものの、経験年数を重ねるにしたがって業務内容、業務レベルに違いが出てきます。正看護師は准看護師と違い、管理課程を勉強するため、入職後に中堅職員になるころに将来的に進みたい道をイメージするようになり、スペシャリストや管理職になるための勉強や研修を受講していきます。

 

 

関連記事

 

男性看護師と看護師求人

 

子育て中ママさんナースと看護師求人

 

看護師の都道府県別有効求人倍率

 

認定看護師になるには

 

専門看護師になるには

 

看護部長・師長の管理職クラスの転職事情

 

就業看護師数が過去最高に!データと読み解くポイント解説

就業看護師数,厚生労働省,男性看護師 就業看護師数が108万6779人となり、過去最高の人数となりました。2014年末時点での就業看護師数が7月16日に厚生労働省より発表がありました。正看護師は前回発表された2年前の12年末時点から7万1035人増加(+7%)し、108万6779人となりました。准看護師は34万153人で2年前より1万7...

≫続きを読む

看護師離職率データ

看護師,離職率,日本看護協会 2012年度の病院看護職員の離職率調査について日本看護協会調べによりますと、既存の常勤看護師離職率は、前年とほぼ横ばいの11.0%(+0.1%)で、過去4 年間は大きな変動が無く同様の11.0%前後で推移しています。一方で、新卒看護職員の離職率は、7.9%(前年比+0.4%)と上昇しています。病床規...

≫続きを読む

人口10万人当たり看護師数ランキング

看護師,数,ランキング,厚生労働省,都道府県,10万人 全国47都道府県の「人口10万人当たりの看護師数」は、都道府県の看護師人数の比較に用いられています。10万人当たり最も看護師が多い県は、1位 高知県1,114.78人、 2位 鹿児島県1,050.20人、 3位 長崎県1,040.11人となっています。反対に、最下位の47位 埼玉県486.91人、 ...

≫続きを読む

全国看護師数のランキング

看護師,数,ランキング,厚生労働省,都道府県,ナース 47都道府県別の看護師数はどのくらい差があるのでしょうか。最も看護師数が多いのは、1位 東京都86,033人、 2位 大阪府62,720人、 3位 神奈川県51,503人です。人口分布図に応じて、ある一定数の看護師がいるので大都市ほど純粋に看護師の数が多くなっています。反対に最下位は、47位 鳥取県...

≫続きを読む

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方