男性看護師の転職なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

男性看護師と看護師求人

男性看護師
男性看護師の必要性と看護師求人について、男性看護師も年々増加しており平成24(2012年) では、看護師全体の中で約6%が男性看護師です。

 

正看護師数
男女合計 1,067,760人
男性正看護師数 63,321人(全体の5.9%)

 

准看護師数
男女合計 377,756人
男性准看護師数 23,148人(全体の6.1%)

約6%しか男性看護師がいなく看護師の男女比は特殊といえます。
医師はほぼ男性で女性医師は少なく、薬剤師は男性40%:女性60%となっています。

 

近年では男性看護部長や男性看護師長も増えてきており、男性看護師は「精神科or救命救急orオペ室or透析室」といった極端な選択肢ばかりでもなくなってきています。

 

とはいえ、実際は精神科、救命救急、オペ室、透析室に男性看護師が多いのも事実ですし、回復期リハビリテーション病院でも男性看護師が増えてきています。

 

男性看護師が多く働く職場

  • 精神科
  • 救命救急
  • オペ室
  • 透析室
  • 回復期リハビリテーション病院

 

精神科に男性看護師が多いわけ

精神科に男性看護師が多い理由
精神科の特殊性もあって入院患者が肉体的疾患ではないところが大きいでしょう。肉体的病気で入院している一般病棟とは異なり精神科病棟は寝たきりの患者は少ないです。

 

男性看護師の存在は職場で働く女性看護師にとっても安心できる存在となっています。

 

もう一つ、精神科病院の多くは残業が少なく給与が高いことが挙げられます。家庭を持つと家族を養うために収入はとても重要です。

 

スーパー救急の精神科となると違いますが、多くの精神科病院は休みも多く残業もないため家庭と両立するには最適な職場です。

 

精神科は最新の医療機器を導入する必要がないため、急性期と比べ利益率が高いと言われています。

 

この、ワークライフバランスと高給与の実現、精神看護ケアのキャリアとなると、転職先は自然とまた精神科という選択肢になってきます。

 

精神科病院の看護師お仕事詳細はこちら>>

 

救命救急(ER)やオペ室に男性看護師が多いわけ

救命救急(ER)やオペ室に男性看護師が多い理由
救命救急とオペ室では業務が全く異なりますので一色単に言えませんが、どちらも生命に関わる最前線の治療と言えます。

 

病棟看護においては治療後のケアがメインとなるため患者とのコミュニケーションが欠かせませんが、救命救急とオペ室は、ある意味患者とのコミュニケーションは無く治療ケアに専念できます。

 

オペ室業務は中回り、外回り、機械出しといった仕事となるので、人と話すことが苦手な人や女性の中で生きていくことが苦手な男性看護師にちょうど良いのです。

 

患者や職員とのコミュニケーションが多い職場・少ない職場というのは、男性看護師にとって一つの基準となるかもしれません。

 

そして、救命救急(ER)やオペ室は、病棟で多くの患者や女性看護師、助手、その他職種とコミュニケーションを取りながらやる業務ではないので、テキパキと動く男性的な職場であるとも言えます。

 

テキパキと元気よく動いて目立つような存在の男性看護師なら救命救急(ER)が向いているように思います。物静かな男性看護師なら手術室のほうが向いているように思います。

 

精神科のケアとは全く異なるため、救命救急とオペ室からの転職先は自然と救命救急とオペ室になるケースが多いです。

 

オペ室の看護師お仕事詳細はこちら>>

 

透析室に男性看護師が多いわけ

透析室に男性看護師が多い理由
透析室は、看護師以外に臨床工学技士がいます。臨床工学技士は男性の場合が多く、看護師長(看護師の管理職)もいますが、女性看護師以外に男性職員もいるという事が大きな理由となります。

 

※臨床工学技士は看護スタッフではないため業務は異なります(人工透析に必要な透析液の供給準備、人工透析回路・ダイアライザーといった人工腎臓の準備。患者さんに針刺し、人工透析装置操作)。

 

透析室の看護師業務は、透析中の患者の体調ケアなど患者とのコミュニケーションを中心とした業務となります。

 

治療行為や医療行為は少ないですが、女性看護師以外の管理者(臨床工学技士)がいるという環境と、患者コミュニケーションを大事にしたいと考えている男性看護師が希望するのが透析室と言えます。

 

透析室の看護師お仕事詳細はこちら>>

 

回復期リハビリテーション病院に男性看護師が多いわけ

回復期リハビリテーション病院に男性看護師が多い理由
回復期リハビリテーション病院はリハスタッフが多く、リハスタッフの半分は男性です。

 

看護職とリハスタッフは業務内容が違うので仕事中は別行動ですが、職種が違うとはいえ男性職員が多い環境の中で働くというのは男性にとって安心感があり、男性看護師にとって人気の職場となっています。

 

リハスタッフはPT・OT・ST(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)のことで、入院患者は機能回復のために毎日リハビリを行います。

 

通常、病院勤務ですと病院職員の大半は看護職のため、自然と女性比率が高くなります。特に男性看護師にとっては、女性の中で毎日仕事をすることになります。

 

回復期リハビリテーション病院は、リハビリ専門病院なのでPT・OT・ST(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の配置人数が多くいます。

 

例として、回復リハ専門病院(約200床)の場合、看護師75名に対してリハスタッフ150名を配置しています。

 

この例に挙げた病院は、リハスタッフを多く配置しているのでどのリハ専門病院も看護師の倍もいるわけではありませんが、確実に男性リハスタッフが多く在籍しています。

 

リハビリは患者さんを支えながら一緒に動く仕事なので、ある意味力仕事の部分もあるから男性向けの職場とも思えます。

 

回復期リハビリテーション病院の看護師お仕事詳細はこちら>>

 

男性看護師ならではの悩み

男性看護師ならではの悩み
95%が女性の職場ですので女性とうまくコミュニケーションが取れると職場の雰囲気も良くなるでしょう。これは自分の努力次第でどうにかできることですが、患者となると異なります。

 

患者は男女どちらもいるのですが、女性患者が男性看護師を嫌がることが多くあります。

 

入院患者の排泄ケアがあるためです。女性患者にとって女性看護師の方が抵抗が無いです。

 

特に顕著な例として、介護施設では実際に男性看護師の採用枠が決まっているところもあります。

 

病院は看護師数が多くいるため男性看護師がいても当然のことながら圧倒的に女性看護師の方が多いのですが、介護施設は看護師が2名程度のため、男性看護師を採用しづらいケースもあります。

 

最近では介護施設でも積極的に男性看護師を採用しているところも出てきています。男性看護師にとって大事なことは、清潔感です。

 

男女関係なく不潔な人は嫌がられますが、特に男性の場合は女性のように化粧をしないので、清潔や不潔な感じが出てしまうのです。

 

看護師というだけでなく男性職員として頼りにしてもらえるような存在になれれば、女性看護師の中で埋もれてしまうよりも自分の存在意義を見つけられるかもしれません。

 

男性看護師のこれから

男性看護師のこれから
男性看護師は女性看護師から見て、まだまだ「やっぱり男だから」と思われていることも多々あります。

 

しかし、医師や薬剤師は男性が多いのに看護師だけ「やっぱり男だから」と言われるのは、ちょっと残念な話です。

 

どうしても今は看護師は医師のアシスタントとしての位置づけになっていますので、細かいことに気が付くのは女性で男性医師のサポートをする女性看護師の構図になっています。

 

しかし、アメリカの特定看護師の制度が今後始まれば、看護師の専門性が上がり医師と同じような立ち位置で、一段上の看護ケアを実践する機会も出てきます。

 

先ほどの救命救急とオペ室看護師のように、治療の最前線で働く看護師にとっては一段スキルアップができる環境になります。

 

医療業界全体を見ても看護師はまだまだ不足しております。

 

以前は男性看護師は居なかったのが、今では6%もいますし。少しずつ変化していく医療業界と看護業界の中で、男性看護師が必要とされる場面は確実に増えていきます。

 

専門看護師や認定看護師のスペシャリストを目指しても良いでしょう。病院内だけでなく地域医療全体を見れるゼネラリスト(管理職)を目指すのも良いでしょう。

 

 

看護師求人サイトなら、プロの転職コンサルタントが収入アップと確実にスキルアップをできる環境の求人を紹介・提案してくれます。

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方