精神科病院の改革なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

精神科病院の改革でどう変わるの?


厚生労働省が考える精神医療の将来像は看護師にとってどのような影響があるのでしょうか。

 

2014年の診療報酬改定で急性期病院の病床数削減と地域包括ケア病棟への移行で看護師配置が変わってきた病院も出てきました。

 

精神科病床も長期入院を減らし、地域医療へ移行しようと改革が始まっています。

 

今回のポイント


精神障がい者で新たに入院するケースは、原則として1年未満で退院させ、1年以上の長期入院精神障がい者は地域医療への移行を促進するということです。

 

これは、急性期医療の実態に合っていない急性期病棟で、看護師を削減して必要な場所(地域包括ケア病棟や訪問看護)に看護師を再配置して地域医療を促進しようというものと同じ考えです。

 

精神科の場合は、慢性期病床の患者を早期に退院させることで、看護師を精神科急性期、回復期、在宅部門へ移行するというものです。

 

以下でお話しする内容も、この考え方が元となって看護師の再配置について解説していきます。

 

 

■精神科病床の機能分化について

 


入院医療の必要性が高い病床と入院医療の必要性が低い病床に区分されます。

 

入院医療の必要性が高い病床は、精神科救急・急性期・回復期と言った入院期間が1年未満の入院で、入院医療の必要性が高い病床は、入院期間が1年以上の長期入院病床のことを指します。

 

分かりやすく言い換えると、入院期間1年を境に機能分化するという事です。

 

 

■急性期などに看護師を手厚く配置します

 


精神科病院における入院医療の役割と機能は、精神疾患を治療するための医療を提供することです。

 

入院患者の早期退院ができる看護を実現するため、急性期などに今までよりも手厚く看護師を配置して、新たに入院する精神疾患患者は原則1年未満で退院ができるような体制になります。

 

とはいえ、慢性的な看護師不足の状況下で、急に看護師を増やすことは難しいため、救急・急性期・回復期病棟に看護師を集約するため、精神科病床の適正化と再編成を進めていくことになっています。

 

 

■どうなる?慢性期病床

 


急性期に看護師が移行していくとなると、慢性期病床の看護師は確実に不足してしまいます。

 

入院期間が1年以上の慢性期病床は約20万床あり、精神科病床全体の約2/3を占めています。

 

精神科病床の中で一番患者数が多いところなのに看護師が減ってしまうと、残された看護師の負担が増えてしまいます。

 

そこで、慢性期病床には看護師以外の職種が手厚く配置されることになります。

 

地域医療への移行支援や訓練に必要な職種が配置されることで看護師への負担は最小限になるでしょう。

 

そして慢性期病床で勤務する看護師は、慢性期入院患者の早期退院の手助けができるように新たな役割を担うようになります。

 

具体的には患者の地域移行を進めるために、退院に向けた意欲喚起や本人の意向に沿った移行支援となる見込みです。

 

研修や教育を通じて看護師の新たな役割へのスキルアップが促進されるでしょう。

 

 

■地域移行支援病床への変化

 


1年以上の長期入院の慢性期病床から地域移行をしようとして、制度を変えたり研修で看護師の教育をしても患者が退院しようとしなければ絵に描いた餅になってしまいます。

 

そこで慢性期病床を最大限に活用して地域に移行できるような機能を持たせる動きがあります。

 

精神科病床の削減と適正化が進むまでは並行して、長期入院患者病床を「地域移行支援機能を強化する病床」として活用します。

 

具体的には、外部の社会と交流ができるように病院内外問わず人が集える場所を設けて、より地域生活に近い環境整備を院内に設けることとなります。

 

また、地域の相談支援事業者などとの交流を推進することで、積極的な地域移行ができるように
なると考えられています。

 

 

■不要となった病床はどうなるの?

 


長期入院患者が慢性期病床から地域移行したら、今まで入院していた精神科病床は不要になってしまいます。厚生労働省の政策で、慢性期病床を減らしていくので不要となる病床は増え続けていってしまうでしょう。

 

これに対して、入院施設として不要となった病床や建物、設備は地域移行をする患者が一時期的に生活する場として活用できる病床転換も可能になります。

 

一定条件をクリアした場合のみ病床転換が可能となっていますが、長期間入院していた患者が急に社会に出て生活をするよりも、病院施設を利用しながら段階的に地域の生活に戻っていける環境整備は、患者にとっても優しいバックアップだといえるでしょう。

 

 

■削減目標の設定

 


1年以上の長期入院患者が入院する病床を削減されます。これは入院医療の必要性が低い精神疾患患者を減らすことと連動しています。

 

1年以上の長期入院患者の削減目標数は、平成24年6月末時点と比較して平成29年6月末時点で18%以上(5年間で18%削減)の削減を目標としています。

 

入院患者の削減と並行して精神科病床数の見直しも行われる予定です。

 

 

合わせてよく読まれている記事

 


 

精神科病院の転職で給料アップを狙うなら、条件交渉のプロがいる「看護師求人サイト」に登録しましょう。

診療報酬改定と訪問看護

訪問看護は診療報酬改定に伴う今後の医療において重要なテーマです。厚生労働省は2015年末までに、7対1病床を9万床削減したい考えであり、さらに診療報酬改定の中に、急性期治療後の受け皿として新設された「地域包括ケア病棟」や療養病棟などにも在宅復帰率の概念が導入されています。これにより、在宅医療に関わる...

≫続きを読む

病院の看護師採用はどうなるの?

看護師採用と病院をとりまく診療報酬制度の改定は密接にかかわってきます。診療報酬改定により7対1病院の適用制度が厳しくなり7対1基準が維持できない病院が多く出てきます。10対1になれば看護師の人数が少なくてすむのですが、一定数の看護師が毎年離職している職種なので採用しないと、10対1になったときは人数...

≫続きを読む

[参考]平成23年までの診療報酬と入院基本料

診療報酬って?診療報酬とは、病院やクリニックなど医療機関がおこなった医療サービスに、対価として支払われる報酬のことです。現在日本の医療制度は、全国民が医療保険の対象となり日本国民は医療機関で受診をする際、医療費の一部(3割など)を負担し、残り(7割など)は医療保険の基金から支払われています。診療報酬...

≫続きを読む

精神科病院の改革

厚生労働省が考える精神医療の将来像は看護師にとってどのような影響があるのでしょうか。2014年の診療報酬改定で急性期病院の病床数削減と地域包括ケア病棟への移行で看護師配置が変わってきた病院も出てきました。精神科病床も長期入院を減らし、地域医療へ移行しようと改革が始まっています。今回のポイント精神障が...

≫続きを読む

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方