訪問看護の仕事内容と診療科特長なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

訪問看護と看護師のお仕事を解説します

訪問看護のお仕事
訪問看護の看護師求人が急増中。看護師の2人に1人が「訪問看護に興味がある」というリサーチ結果もでていますが、仕事内容はあまり知られていません。

 

興味はあるが責任が重そうだし看護経験が浅いから無理だろうと思っている看護師も多数います。

 

訪問看護とは患者が様々な病気や疾患を抱えながら、自宅でなどで自分の生活を送れるように看護師が定期的に訪問し健康チェックをすることです。

 

訪問看護のイメージは看護師に自宅に来てもらう外来です。

 

訪問看護の場合は患者ではなく利用者と呼びます。利用者自身が訪問看護ステーションと契約を結び訪問看護を受けるためです。

 

訪問看護の特徴は、経営母体が病院・診療所だけでなく民間企業や、看護師自身がステーションを立ち上げて運営といったケースも多くみられます。

 

国の政策で2000年の法改正以降、病院の在院日数が短くなり、自宅療養患者への医療的な支援が非常に重要になってきました。

 

そして2014年度の診療報酬改定で地域包括ケア病棟(亜急性期病棟)や療養病院にも在宅復帰率が設定されたため、ますます訪問看護サービスの重要性が加速されていきます。

 

訪問看護師は現在はわずか3万人ですが、国のシミュレーションでは2025年には17万人が必要となる見込みで、実に14万人も不足しています。

 

訪問看護を知らない看護師のために

 

よくある訪問看護の誤解

治療責任を押し付けられそう
訪問看護未経験だから急変に対応できない
スキルアップできなそう

 

訪問看護師って何をするの?


訪問看護ステーションと契約した利用者(患者)の自宅へ一人で訪問し、医師の指示書に基づいてバイタルチェック、投薬管理、必要な処置(ケア)をします。

 

よく誤解されるのは、医師の代わりに治療を行うのは怖いという意見です。そもそも法律で看護師ができる医療行為は限られています。

 

そしてどの利用者にも主治医がいて、主治医のクリニックや病院まで利用者(患者)が通院できないために、主治医から利用者(患者)のどういったところを観察して欲しいという指示書があり、それに基づいて看護師が確認するというものです。

 

現場で看護師が判断できないことはその場で主治医に連絡し判断を仰ぎます
訪問看護師に重要なのは、利用者(患者)としっかりコミュニケーションをとれるか?ということです。

 

週1回の訪問看護契約をしているケースが多いので毎週定期的に訪問し、利用者(患者)の話を聞いてあげることで利用者(患者)の不安を取り除いてあげることが一番大事なことです。

 

利用者(患者)の立場になって考えてみましょう。週1回の訪問看護を楽しみに待っています。

 

1週間で身体の具合が良かったこと悪かったことを看護師に聞いてもらいたいのです。そして状態が良い、とか少し良くないから主治医に確認してあげるとか、言ってもらいたいのです。

 

だから看護師に大切な姿勢は、治療をしに来たよということではなく、話を聞いてあげるから心配しないでいいよという気持ちなのです。

 

在宅医療の必要がある患者は、看護師一人で対処できるはずはなく、入院もしくは医師の訪問診療が対応となりますので安心して訪問して下さい。

 

 

どんな看護師に向いているの?

人の面倒見が良い看護師で、日勤のみで高給与希望、病棟ではないけど看護技術を落としたくないといった看護師に向いていると言えるでしょう。

 

外科看護師のようにテキパキ動きと患者数をさばきたいという看護師だとちょっとギャップがあるかもしれません。

 

1訪問1コマの非常勤募集も多く出ているので、勤務時間が制限される復職のママさんナースにも良いかもしれません。

 

訪問看護のよくある質問

 

1件あたりの訪問時間

これは診療報酬制度で決まっています。ほとんどの場合で1件1時間となっています。1時間の訪問看護サービス提供が終わったら次へ移動します。

 

 

1日の訪問件数

常勤フルタイム勤務であれば、4〜5件が目安です。午前中2件、午後2〜3件、ステーションに戻って日報作成です。

 

移動時間と昼休憩時間を入れるとスケジュールはビッチリ埋まっている感じになります。

 

お昼ご飯は、訪問ルート次第ですがステーションにちょうど寄れるのであればステーションで昼食でもいいですし、移動距離の兼ね合いで決めることになります。

 

 

利用者(患者)との相性が悪い場合

人間なので相性はつきものです。利用者(患者)の理解をするよう努力をしてもダメなら担当交代で違う看護師に対応してもらいましょう。

 

利用者(患者)と長い付き合いになるので信頼関係の構築も重要です。そのため急きょ休みの代理で訪問することもありますが、患者にとって気心知れた看護師ではないので緊張しているはずです。

 

きちんと看護師側から相手がリラックスできるよう心がけましょう。

 

 

未経験でも大丈夫?

大丈夫です。しっかりコミュニケーションをとれることが一番大事です。治療行為や医療行為はあくまで医師の指示書に基づいて、看護師の業務範囲内で行います。

 

ほとんどの看護師が訪問看護は未経験で、20年経験を積んでる看護師でもまだほとんどが未経験です。

 

全くの新卒では臨床経験がなく利用者と話をすることすら怖いということと、ステーション側も新卒を育てる時間や人員の余裕もないということで、ほとんどのステーションで少しでも病棟勤務をしている看護師が求められていますが、最近では病院で一緒に教育を受けながら訪問看護を学べるように環境を整え新卒で訪問看護の採用をしているところも出てきています。

 

初めは先輩看護師と同行となりますので色々なことを学びましょう。

 

同行しているうちに、自分に任せられそうな利用者から引き継いでいき、同行してもらいながら自分がメインでケア、しばらくしたら一人で訪問となっていきます。同行期間はそれぞれですが1か月程度が目安でしょう。

 

不安なことや分からないことは訪問看護ステーションの管理者や、急なときは主治医に連絡・相談すればなんら問題ありません。

 

 

確認すべきこと

移動手段は自動車免許?電動自転車?
自動車なら運転免許が必須ですし、運転に不安があるなら難しいでしょう。
電動自転車は雨の日が大変です。

 

ただ、いずれも対象範囲はステーションから半径2km以内など、移動距離はそんなに広くありませんし同じルートを通るので慣れ次第だと思われます。

 

 

事務作業

クリニックの外来であれば医師が電子カルテ入力をしてくれますが、訪問看護では看護師自身が入力する必要があり、パソコンで看護記録を付けるためパソコンに慣れていないと想像よりも事務作業が多いと感じるかもしれません。

 

また事務員がいないステーションも多く、備品管理や発注なども気づいた看護師が手配します。

 

※主治医への報告書は緊急の場合を除き、1か月に1回必要となりますので月末が忙しくなります

 

 

オンコール

週1回の交代制でオンコール当番があるところが一般的のようですが、多いところだと月8〜10回(週2回)もありステーションの体制によって頻度が変わり、看護師の事情によっては0回や月1回など柔軟に対応してくれるところもありますので、しっかり確認しましょう。交代制の場合は、自分の担当外の利用者(患者)からのコールが来ても対応できるように他の看護師との情報連携も大切です。

 

各看護師も担当の利用者の状況を把握しているため、オンコールが来る可能性など感じればオンコール当番に事前に情報共有をしましょう。

 

また、急変の場合は主治医へコールすればよいでしょう。

 

オンコール手当だけでなく、オンコール出動の際の交通手段の費用確認も必ずしましょう。

 

自分で車を持っている場合と無い場合で異なります。車が無い場合は、たいてい自分でタクシーを呼び、後日全額ステーション負担の清算をしています。

 

 

スキルアップ

確実に可能です。主治医の指示書に基づくとはいえ、一人で訪問し患者のケアをするので回数をこなすたびに、知識や経験がたまります。

 

利用者(患者)のちょっとした変化にも気づくようになり、それをベテラン看護師や医師に相談することで、薬の変更や看護計画の見直しなど一人一人に合った看護ができるようになります。

 

訪問看護認定資格取得者もまだ373名、全認定看護師数12,452名のわずか2.99%となっていますが、今後訪問看護の利用者拡大と重要性が増す中で、訪問看護師としてのスキルアップが必要となってくるはずです。

 

訪問看護の重要性を見越して、精神疾患専門の訪問看護ステーションも出てきています。

 

 

給与や勤務条件も好条件が多い

日勤のみ 8:45-17:45(休憩時間60分)、休日 4週8休制 (年間120日)、給与 月給 380000円(330,000円〜380,000円)といった、日勤のみで年収400万円を超える求人も多く、日勤のみ、高給与、看護技術を落としたくないといった希望の看護師に最適です。

 

 

非常勤でも高い時給なのでママさんナースに人気

1訪問あたり○○円という給与携帯が多く、1訪問1時間なので時給とも言えます。

 

ただ移動時間は時給に入りませんのでご注意ください。1訪問あたり2,000〜2,500円が相場です。(まれに4,000円の募集もありますが)

 

同じ利用者を継続的に訪問するため、原則として固定の曜日・時間のシフト入りが前提になります。

 

訪問診療って訪問看護とどう違うの?


「訪問“診療”」は医師と看護師がペアで行動し、医師が治療行為を行い看護師は医師の補助をします。利用者宅で行う外来という言葉がピッタリです。

 

地域医療のために訪問診療をしているクリニックも多くなっており、「訪問看護+医師の診療」のサービスとなっています。

 

利用者は、訪問看護とほぼ同様で高齢者から障がいがある方、ターミナルケアの方まで幅広く対応している場合が多いです。

 

訪問診療の対象となる利用者(患者)例

通院が困難(高齢者、小児ともに)
自宅療養希望
病気の疾患で通常の日常生活に支障がある方
在宅ホスピスケア(緩和医療)を希望される方(ターミナルケアを提供している場合)
退院後の自宅復帰後に治療やケアが必要な方
寝たきりのお年寄り

など、様々な理由で在宅診療が必要な利用者(患者)が対象となっています。

 

看護師の仕事は、クリニック外来の医師診療補助をイメージしてください。これから訪問する利用者宅のカルテに目を通し、必要な医療機器や機材、医療薬の準備をします。

 

※カルテはipadなどの軽量で持ち運べる電子ツールの使用が多くなっています。

 

ほぼ自動車での移動になるため、自動車の運転を看護師がするケースが多く自動車免許が必須の場合もあります。(専属ドライバー、医師、看護師の3人で行動するところもあり、その場合は看護師は運転不要)

 

利用者宅での診療後は移動の社内でカルテ記録をします。そうすることで移動時間を有効に使います。

 

看護師が運転をする場合は医師がカルテ記録をつけるか、クリニックに戻ってから看護師がカルテ記録をつけるか(医師は次の患者情報を確認)となるでしょう。

 

移動中の車内の会話は人それぞれだと思いますが、訪問診療はクリニックから半径移動距離も長くて20分程度なので、これから訪問する利用者の話(カルテ情報の共有)や、専属ドライバーがいるなら看護師は診療後のカルテ記録などで移動時間が過ぎるでしょう。

 

こういったクリニックは特定の曜日の半日(午前or午後)を訪問診療としていることが多く、一度の外出で数件訪問しますので、数名分の利用者の準備が必要です。

 

ほぼ自動車での移動になるため、自動車の運転を看護師がするケースが多く自動車免許が必須の場合もあります。(専属ドライバー、医師、看護師の3人で行動するところもあり、その場合は看護師は運転不要)

 

「訪問介護」と「訪問看護」の違いは?


これは全く違います。看護師が関わるのは「訪問看護」です。

 

ちなみに「訪問“介護”」は、介護福祉士などが要介護者の自宅へ訪問し、入浴、排泄、食事などの介護サービスを提供します。

 

その他、調理、洗濯、掃除などの家事、日常生活の相談・アドバイスなど、日常生活上の世話をするものです。医療的な提供は一切できません。

 

たとえば、離れて暮らす認知症の祖父祖母が心配で、親族が訪問介護サービスを申し込むといった利用方法などになります。

 

※都道府県知事の指定を得たる指定訪問介護事業者(法人)か、市町村に認められた基準該当訪問介護事業者がサービスを提供しています。

 

 

知れば納得!訪問看護のマメ知識


大型連休が取れます
有給休暇とと夏季休暇をくっつけたり、12/30〜1/3まで訪問看護ステーション自体が年末年始休暇を取るところが多いので、お正月もゆっくり休めます。

 

車で訪問する際、路上駐車OKです
正確に言うと、自治体に申請して路上駐車許可証が発行してもらいます。許可証を車のフロントに掲示することで駐車違反になりません。

 

20代の訪問看護師が増えています
学生の看護研修で訪問看護が一番楽しかったという声が多く、若い看護師も訪問看護に興味を持っています。最近では新卒でも訪問看護師として受入・研修をしている病院も出てきているので、20代で訪問看護師になれる環境が整ってきています。

 

患者宅への移動手段が不安?
車移動の場合は自動車免許が無ければなりませんが、だいたいカーナビが付いているので初めての道でも目的地へ行けます。同じ患者宅へ週1回など定期的に訪問するので自然と道を覚えられます。

 

訪問看護未経験でも問題なし
研修はOJTを中心に先輩看護師がマンツーマンでついてくれます。患者さんとの関係性が出来てきて、担当患者の性格や症状を覚えたころに1人で訪問するようになります。

 

訪問看護の求人や募集内容について詳しく知りたい看護師さんは看護師求人サイトに登録して、仕事内容や訪問看護ステーションの特色など情報収集しましょう。

 

 

合わせてよく読まれている記事

 




美容クリニック(美容外科・美容皮膚科)の看護師業務は大変?

美容外科・美容皮膚科クリニック 看護師求人も多い美容クリニックは、看護師のみんなも美容クリニックで働いてみたい興味を持っています。脱毛のためにお客として美容クリニックに行ったことがある看護師さんも多いでしょう。女性94%の看護師業界で、一度は美容クリニックに勤務してみたいと思っている看護師さんも多いのも事実です。実際、美容クリニッ...

≫続きを読む

回復期リハビリテーション病院

回復期リハビリテーション病院 回復リハの看護師求人見ると給与が高いみたいだけど、看護師はどんな仕事をしてるの?など回復リハビリテーション病院の募集が気になったことがある看護師も多いはず。若い看護師が回復リハで働く志望動機として多いのが、急性期と違ったやりがいがあり、看護師になる前の自分が、入院しているおじいちゃんおばあちゃんのこ...

≫続きを読む

大学病院に憧れる看護師は多いけどハードルは高い?

大学病院勤務希望 大学病院勤務希望の看護師さん、実際の大学病院のこと転職方法や看護師求人の探し方を教えます。大学病院の看護師と民間病院の看護師の違いを、仕事内容や給与など含めて解説していきます。基礎知識大学病院の数全国本院・分院合わせて132病院、比率でいうと全国の病院の約1.6%しかありません(全国病院数8500〜...

≫続きを読む

循環器看護師は忙しいけどやりがいが大きい?

循環器看護師 循環器の看護師は命に直結する看護ケアに携わるため常に緊張感とスピーティーで正確な行動を求められます。循環器は単科病院も全国に多くあり、国立センター病院も多く存在します。新卒で大学病院や大規模総合病院に勤務した看護師は、様々な症状の看護ケアを実践してきた中で、急性期看護をもっと勉強したいという気持ちも...

≫続きを読む

手術室(オペ室)看護師業務で知っておきたいこと

手術室(オペ)看護師 手術室(オペ)看護師の仕事は、患者の看護というより医者の補助となります。病棟看護師のような、患者に寄り添いたいという看護はなかなか実践できないといえます。オペ看護師は、オペ中は患者の容体を注視しながら、執刀医へ必要な機材を手際よく渡すことが求めらられますので、患者の看護は少ない業務と言えるでしょう。...

≫続きを読む

精神科看護師は稼げて残業なし!特殊ではなく看護の基礎が学べる

精神科看護師 精神科病院は、単科病院もあれば精神科以外の病棟を持っている病院もあります。平成24年度は全国に精神科のみの病院は1,071施設、精神科を有する病院は1,624施設です。病床数は、精神病床342,194(精神科病院 254,364床、一般病院 87,830床)となっております。精神科病院とは、5つの病...

≫続きを読む

緩和ケア

緩和ケア 緩和ケアとは、苦痛を伴う患者の症状を緩和する医療のことで、主にがん患者が多く、その治療と一緒に受ける医療のことです。緩和ケアの入院ができる病院は全国に267施設(5376)あり、患者の症状や病気の進行状況によって治療方針の違いはあるものの、苦痛を緩和するためにモルヒネ(麻薬)を用いた医療を実施します...

≫続きを読む

訪問看護の看護師業務って?

訪問看護の看護師 訪問看護の看護師求人が急増中。看護師の2人に1人が「訪問看護に興味がある」というリサーチ結果もでていますが、仕事内容はあまり知られていません。興味はあるが責任が重そうだし看護経験が浅いから無理だろうと思っている看護師も多数います。訪問看護とは患者が様々な病気や疾患を抱えながら、自宅でなどで自分の生活...

≫続きを読む

夜勤専従は高収入!効率よく稼げてプライベート両立看護師になろう

夜勤専従看護師 看護師と夜勤はつきもの。夜勤専従看護師の求人も多い理由も、夜勤で生活のリズムが崩れて体調を崩す看護師や、夜勤シフトに入れる看護師が少ないためです。一方で夜勤を月6回〜8回+日勤をしなければならない看護師など、夜勤ってネガティブなイメージが多いですね。でもその分、夜勤をやると夜勤手当が大きいから給与が...

≫続きを読む

人工透析の看護業務は嫌だと思ってませんか?

人工透析室の看護師 人工透析室の看護師ってどんな仕事をしているの?人工透析ってどんな患者がいるの?看護師求人サイトを見ただけではなかなかわからない事、なかなかイメージが湧きづらい人工透析に関するあれこれをお応えします!人工透析看護師と求人の特長人工透析科は人気の秘密は、夜勤が無く、原則患者は予約制なので休みがしっかり取...

≫続きを読む

眼科ナースは病棟看護師とは違うってホント?

眼科看護師 眼科で働く看護師と眼科看護師求人の説明サイトです。眼科病院と眼科クリニックで仕事は違うのでしょうか?あれこれお答えします!眼科看護師の勤務先眼科病棟は夜勤もありますが、眼科クリニックは夜勤がありません。病棟とクリニックで大きく違うのはこの点です。ともに看護師の仕事は主にオペ介助と、病棟で患者の身の回...

≫続きを読む

肛門科看護師のお仕事は他の術科に無い面白さあり

肛門科看護師 肛門科看護師の仕事を解説します。大規模病院や総合病院で治療もしていますが、肛門科の場は専門クリニックや専門院のほうが患者も多く利用しています。肛門科の主な治療内容は痔(ぢ)の治療です。そのためクリニックでは日帰り手術の場合が多く、病院は入院が必要な手術や治療となります。肛門科クリニックと肛門科専門病...

≫続きを読む

日勤・近所の職場を探すならクリニック

クリニック看護師 看護師求人サイトでクリニック看護師の募集は少ないけどなぜでしょうか?全国のクリニック(診療所)は約10万施設で、病院数(約8500)に比べて10倍以上のクリニックがあるのに、求人募集が無いのが不思議ですね。クリニック看護師募集の現実を知ることで、クリニックへの転職はハードルが高いことが分かります。ク...

≫続きを読む

フィールドナース

フィールドナース フィールドナースの看護師は企業で働く看護師の事です。看護師の仕事は病院やクリニックで病気の患者さんの看護をするだけではないのです。フィールドナースはクリニカルスペシャリストや企業看護師とも言われており、一般企業に正社員(契約社員の場合もあり)として勤務し看護師の資格を生かして医療製品の営業などに携わ...

≫続きを読む

治験コーディネーター(CRC)は新薬に関わる日勤看護師♪

治験コーディネーター(CRC) CRC(治験コーディネーター)看護師で働くことを考えているナースの皆さんへ、看護師の医療知識を十分にいかせる職場です。CRC(治験コーディネーター)は被験者への治験内容の説明、不安の相談などサポートをする役目です。CRC(治験コーディネーター)は看護師でなくてもできるのですが、新薬開発の現場で医療従...

≫続きを読む

コールセンター看護師の企業勤務の魅力と稼げる仕事内容♪

コールセンター看護師 企業看護師求人でコールセンター募集がありますが看護師なのにコールセンターのお仕事ができるの?コールセンターと言えばクレーム対応のイメージが強くて働きたくないと思う人も多くいます。コールセンター求人の人気ポイント!企業看護師だから福利厚生も手厚い。日曜日休みや日勤のみの働き方もある力仕事じゃなく座り仕...

≫続きを読む

企業看護師・産業看護師になるための近道はこれ!

企業看護師・産業看護師 企業看護師や産業看護師、別名でフィールドナースと言われる企業勤務の看護師について丁寧に解説をします。企業看護師は大きく分けて2つあります。■フィールドナースフィールドナースと言われるお仕事は、企業に看護職の正社員として入社し、その会社の医療機器などの製品やサービスを、医療機関などに営業やサポートをし...

≫続きを読む

介護施設の高齢者看護で知っておきたい仕事内容

介護施設看護師 介護施設と一言でいっても、さまざまな施設の種類があります。それは後ほど説明するのですが、介護施設は病院ではないから看護師はヒマ!?急性期患者がいるわけではないので、病院の入退院や常に急変対応の緊張感のような忙しさはありませんが、介護施設の看護師は病院とは違った大変さがあります。介護施設の看護師の仕事...

≫続きを読む

特別養護老人ホームで働く看護師は日勤のみ!?

特別養護老人ホームで働く看護師 特別養護老人ホームは要介護度が高い利用者が入居する高齢者施設です。介護が必要な高齢者が入所する特別養護老人ホームと老人保健施設や有料老人ホームはどう違うのでしょうか?このページでは特別養護老人ホームについて解説をします。特別養護老人ホームは高齢者介護福祉施設の一つですが、働く看護師にとっての魅力はな...

≫続きを読む

有料老人ホームの看護師でギャップ無く働くための情報

有料老人ホームの看護師 介護付き有料老人ホーム(有料老人ホーム)は企業が運営している特別施設で、自宅の延長の位置付けという概念です。入居一時金は数百万円から数千万円まで、中には億という入居一時金の有料老人ホームもあります。その他、月額利用料金がかかりますので、ある程度の貯金が無いと入居する事自体が難しいです。その分、入居者...

≫続きを読む

デイサービス(通所介護)看護師の仕事内容

デイサービス看護師 デイサービスで働く看護師の仕事はどういった内容でしょうか。デイサービスで働いたことがない看護師は多く、日勤のみで高齢者ケアをするというイメージはありますが、業務内容までなかなか分からないものです。デイサービス看護師の仕事内容と役割、どういった看護師に向いているのか解説します。気になるデイサービス看護...

≫続きを読む

保育園看護師求人は多いけどナースは何をするの?

保育園看護師 看護師求人で保育園募集がありますが、どういった仕事内容なのでしょうか?保育園を希望する看護師の傾向と仕事内容を解説します。保育園看護師は病棟看護師ともクリニック看護師とも違って、原則として毎日病気ではない子供と保護者を相手とする仕事になります。保育園は治療の場ではなく、子どもたちの生活の場と考えると...

≫続きを読む

退院支援・退院調整看護師のお仕事

退院支援・退院調整看護師 ■退院調整とは?退院調整とは、入院患者様に対して退院後、安心して療養生活が送れるような環境をつくることです。つまり「退院調整」とは病院での治療を終えたけど、在宅療養で継続てきに病気の治療にあたる患者と家族をサポートする大事な看護のお仕事です。退院調整看護師は、入院生活を送っていた病院と診療所や介護保...

≫続きを読む

訪問入浴の看護師お仕事

訪問入浴看護師 訪問入浴の看護師求人に興味があるナースのために、訪問入浴とお仕事内容について説明します。募集や求人はとても多く、派遣や単発で訪問入浴のお仕事したことがあるナースも多いようです。訪問入浴の仕事内容訪問入浴は利用者(契約者)の自宅へ車で行き、利用者の自宅で入浴のお手伝いをします。利用者は寝たきりの高齢者...

≫続きを読む

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方