病院の看護師採用はどうなるの?なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

病院の看護師採用はどうなるの?

看護師採用と病院をとりまく診療報酬制度の改定は密接にかかわってきます。
診療報酬改定により7対1病院の適用制度が厳しくなり7対1基準が維持できない病院が多く出てきます。

 

10対1になれば看護師の人数が少なくてすむのですが、一定数の看護師が毎年離職している職種なので採用しないと、10対1になったときは人数が足りているかもしれないけどいずれ看護師が減っていってしまいます。
7対1から10対1に移行することで、やりがいの違いによる離職も発生するでしょう。

 

多くの新卒看護師はまず急性期で経験を積んでからという傾向なので、ほとんどの新卒看護師は急性期病院の7対1に就職します。33万床から18万床に削減される急性期7対1病床からもれた、15万床の10対1に移行した病院間で限られた看護師数の取り合いになるでしょう。

 

つまり7対1基準の維持が難しくなった病院が、7対1看護配置から10対1看護配置に移行する際に、看護師採用のハードルが上がることに頭を悩ませています。

 

先ほど説明したように、新卒の看護師は看護学校を卒業し看護技術を身に着けたい気持ちが高く、まずは7対1看護の急性期病院で経験を積みたい看護師が多いためです。特に、20代〜30代の夜勤可能看護師の採用難が懸念されます。

 

ただ一方で、国の医療政策が地域包括ケア病棟をはじめとして、訪問看護などの在宅医療や介護との地域医療連携を促進していくので、高度急性期病床の経験だけでは看護師として生き残っていくのは難しくなるかもしれません。

 

これから必要とされる看護師とは?

特定分野、専門分野でのスペシャリスト看護師も大事なのですが、7対1病院で高度急性期の経験だけを積んだ看護師よりも地域密着型の病院で、地域医療連携の経験を積んだ看護師になるでしょう。採用が難しいという病院も看護師募集をするときに、急性期のアピールだけでなく、高度急性期は経験できないものの急性期から在宅医療まで、さまざまな経験を積めることをアピールしてくると思われます。

 

現在は、看護部長や看護師長のポジションになりたくない一般職の看護師が多いようですが、医療業界が地域連携医療を強化していくのであれば、急性期から在宅まで全体を把握しコントロールできる管理職を目指すのも重要なキャリアとなるでしょう。

 

もちろん医療がますます高度化していくので、認定看護師や専門看護師のスペシャリストの存在も欠かせません。認定や専門看護師なのか、看護部長など管理職を目指すか、いずれにしてもしっかりとしたスキルアップ、キャリアアップがこれからの看護師に求められていきそうです。

 

いずれ看護師の給料は安くなる!?

先ほど説明した採用難と真逆の話になりますが、今すぐの話ではないですが7対1から10対1へ病床転換していった場合、看護師人数が余ります。

 

看護師不足(売り手試乗)の現在は高給与の職業と言われていますが、医療機関側の看護師人数が充足していれば買い手市場(求職者が多く、求人数が少ない状態)になることも考えられます。買い手市場になると給与水準を下げても採用ができるようになるため、いずれ看護師の給料は安くなると考えられます。

 

マイナビ看護師口コミへ

 

診療報酬改定と訪問看護

訪問看護は診療報酬改定に伴う今後の医療において重要なテーマです。厚生労働省は2015年末までに、7対1病床を9万床削減したい考えであり、さらに診療報酬改定の中に、急性期治療後の受け皿として新設された「地域包括ケア病棟」や療養病棟などにも在宅復帰率の概念が導入されています。これにより、在宅医療に関わる...

≫続きを読む

病院の看護師採用はどうなるの?

看護師採用と病院をとりまく診療報酬制度の改定は密接にかかわってきます。診療報酬改定により7対1病院の適用制度が厳しくなり7対1基準が維持できない病院が多く出てきます。10対1になれば看護師の人数が少なくてすむのですが、一定数の看護師が毎年離職している職種なので採用しないと、10対1になったときは人数...

≫続きを読む

[参考]平成23年までの診療報酬と入院基本料

診療報酬って?診療報酬とは、病院やクリニックなど医療機関がおこなった医療サービスに、対価として支払われる報酬のことです。現在日本の医療制度は、全国民が医療保険の対象となり日本国民は医療機関で受診をする際、医療費の一部(3割など)を負担し、残り(7割など)は医療保険の基金から支払われています。診療報酬...

≫続きを読む

精神科病院の改革

厚生労働省が考える精神医療の将来像は看護師にとってどのような影響があるのでしょうか。2014年の診療報酬改定で急性期病院の病床数削減と地域包括ケア病棟への移行で看護師配置が変わってきた病院も出てきました。精神科病床も長期入院を減らし、地域医療へ移行しようと改革が始まっています。今回のポイント精神障が...

≫続きを読む

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方