看護師診療科目一覧なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

診療科目38科一覧

診療科目38科一覧
診療科に関する情報です。診療科は、医療法第70条、医療法施行令第5条の11で定められている次の38科に限られています。

標榜できる診療科名
(医業)
内科、心療内科、精神科、神経科、神経内科、呼吸器科、消化器科、胃腸科、循環器科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚泌尿器科、皮膚科、泌尿器科、性病科、こう門科、産婦人科、産科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、気管食道科、リハビリテーション科及び放射線科
(歯科医業)
歯科、矯正歯科、小児歯科及び歯科口腔外科
※個別に厚生労働大臣の許可を受けた場合のみ、標榜することができる診療科名
麻酔科

診療科目の説明と看護師の業務内容

(医業)

内科 内科とは、体を全体的に診る総合的な診療科のこと。対象となる疾患は呼吸器、消化器、循環器、内分泌、血液、神経系統など幅広く、目や耳など特定の器官以外の疾患はすべて内科扱い。

 

内科で働く看護師の業務は、全ての看護に通じる基礎となることがメインになります。問診・検温・注射・投薬など基本業務が多くなります。投薬の内容や副作用の注意促進も大事な業務知識です。

心療内科 心療内科とは、ストレスなどによって起こる内科な疾患や心身症の治療を行う診療科のこと。

 

心療内科で働く看護師は「心の病気」を扱うため、看護師は患者のストレスや不安を取り除くコミュニケーション能力が必要です。治療のリハビリやレクリエーションなどのケアを通じて、患者の状況を見極める観察力や洞察力も求められます。また患者に対して先入観を持たずに、患者の看護に臨むことが大切です。

精神科

精神科の仕事内容の詳細はこちら ≫

精神科とは、精神機能の障害など(心の病)の治療を行う診療科のこと。(うつ、不眠、幻覚、幻聴、妄想など)の治療を専門におこなう。

 

精神科看護師の業務は医療行為(点滴による薬物投与、血液検査)、生活介助(入浴介助、糖尿病などの看護や介助)が中心となります。
他の診療科目の患者と比べ特殊な部分も多く、精神科領域の疾患をきちんと理解することがまず重要です。病は気からというわけではありませんが、精神科は看護の基礎と言われている部分も多く、患者の精神的支えになり寄り添う看護が実践できます。専門性を極め「精神看護」専門看護師を目指すことも可能です。

神経科 神経科とは、神経科とは自律神経失調症などの神経症によって、心の変調、病気などの治療を行う診療科のこと。
神経内科 神経内科とは、脳神経や末梢神経の異常によって身体の動きが異常になった病気を治療する診療科のこと。脳卒中後遺症、パーキンソン病など神経の病気で、神経科専門医や脳外科医が診察、治療にあたる。

 

神経内科で働く看護師の業務について。患者の疾患や状況によって看護師の業務は異なります。脳神経外科の外科手術が必要な場合、身体の痛みに伴う薬物治療、リハビリテーションで運動機能の維持・向上が必要な場合もあり、他科との連携も発生します
患者の傾向は、回復に長期間要する場合が非常に多く、患者だけではなくご家族へのケアも看護師の仕事となっています。

呼吸器科 呼吸器科とは、気管、気管支、肺等の病気を治療する診療科のこと。肺・気管・気管支・縦隔・胸壁・横隔膜など呼吸器にかかわる疾患のうち、おもに内科的治療を行う。

 

呼吸器科で働く看護師の業務は、風邪の症状から、肺炎、肺結核などの重篤な病気までケアします。高齢者の場合ただの風邪から命に係わる病気に繋がる可能性もあるため場数を経験し、適切な処置を行う必要があります。また、呼吸器科の専門性を極め「慢性呼吸器疾患看護」認定看護師を目指すことも可能です。

消化器科 消化器科とは、消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)と肝臓・胆のう・胆管・すい臓などに生じる疾患を診察・治療する診療科のこと。胃腸科として診療を行っている場合もあり。

 

消化器科で働く看護師の業務について、看護師は身体の幅広い領域に対する知識が必要です。患者の症状は様々なので多くの症例に接して経験、理解することが重要です。消化器系臓器の解剖生理と病態生理を理解しましょう。
消化器科専門病院も多くできており、専門性を極め「がん放射線治療看護」、「がん化学療法看護」認定看護師を目指すことも可能です。

胃腸科 胃腸科とは消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)と肝臓・胆のう・胆管・すい臓などに生じる疾患を診察・治療する診療科のこと。 消化器科として診療を行っている場合もあります。

 

胃腸科で働く看護師の業務について。ストレス社会の中で、看護師自身も胃痛を経験した人も多いはずです。誰しも身近な診療科としては一般内科と同じくらいかもしれません。胃腸科では、胃がんや大腸がんなど命に係わる疾患を取り扱うことが非常に多く、看護師は胃がん、大腸がんに対する医療看護知識も必要になります。
胃腸科の専門性を極め「がん放射線治療看護」や「がん化学療法看護」認定看護師を目指すことも可能です。

循環器科

循環器科の仕事内容詳細はこちら ≫

循環器科とは、心臓病・高血圧など血圧・心臓・血管(動脈、静脈)に関する病気を治療する診療科のこと。

 

循環器科の看護師の業務は、患者の状態をしっかり観察し状態を把握することが非常に重要です(主な症状は胸部、背中の痛み、動悸息切れ、立ちくらみ、めまいなど)。心臓と血管(動脈、静脈)に関する疾患の診察になるので、心電図の読み取りや、命に関わる緊急事態に遭遇することもあるので、緊急処置の技術もしっかりと身につけておく必要があります。循環器科の専門性を極め「慢性心不全看護」認定看護師を目指すことも可能です。

アレルギー科 アレルギー科とは、じんましんや喘息など特定の原因物質によって、皮膚や気管、気管支、目、鼻、耳、胃腸などに発症するアレルギー症状を診察・治療する診療科のこと。

 

アレルギー科で働く看護師は、アレルギーに関する知識を勉強し豊富な知識が求められます。軽微な疾患から、重症化で命に関わるアレルギー発作、花粉症、アトピー性皮膚炎などがあります。特にアトピーは患者の心のケアも重要で、自分自身が疾患にかかっていなくても患者を理解する配慮も求められます。
アレルギーの検査方法は、主に3つ「血液検査」「皮膚反応試験」「誘発試験」です。

リウマチ科 リウマチ科とは、関節やその周囲に腫れや痛みを伴うリウマチを中心とした自己免疫疾患など、リウマチを専門的治療をする診療科のこと。

 

リウマチ科の看護師の業務は尿検査や血液検査、注射や点滴などになり、患者の治療は薬物療法になります。完治するのが難しい病気で、関節痛を伴いながら長期間にわたる治療になるため、患部だけでなくこころのケアも大事な看護となります。

小児科 小児科とは、15歳以下(程度)の小児の内科治療(ケガなどの外科的疾患を除く)を総合的に行う診療科のこと。

 

小児科の看護師の業務について。小児科の特長として、患者は子どもですが治療や症状の説明は保護者にすることです。そして診療についても、小児看護と成人看護は知識面、技術面、観察項目で異なります。子どもは身体と精神的なケア、親に対しては精神的なケアと幅広い業務となります。
小児看護の専門性を極めて「小児救急看護」認定看護師や「小児看護」専門看護師を目指すことができます。

外科

手術室(オペ)看護師の仕事はこちら

外科とは、内科的治療のような薬物療法をではなく、手術を中心とした治療を行い、内臓疾患等を手術により治療を行う診療科のこと。

 

外科なので、手術を受ける患者の術前・術後の心身のケアが看護師にとって重要な役割となります。また命に関わる科目であれば家族へのケアも看護師の大切な役割となるでしょう。術後は合併症や早期リハビリなど多くの役割が求められます。内科と比べて切る縫う傷が見て分かるため、身体回復が理解できやりがいがあるという看護師も多くいます。テキパキ動く看護師の方が向いているかもしれません。

整形外科 整形外科とは、骨格・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気や外傷を外科的に治療する診療科のこと。

 

整形外科に入院する患者は多くが骨折の症状です。発症は事故や転倒などによりますが、骨折しやすい高齢者だけでなく、若い患者も多く入院しています。場合によって後遺症や命に関わることもあり、リハビリテーションなどの術後回復ケアも看護師の重要な仕事です。多くの患者は患部以外は健康なため、会話もでき意思表示もするため患者の要求が分かりやすく、そういった看護が向いている看護師に性に合っていると思われます。

形成外科 形成外科とは、けが、手術などにより、生じた変形を外科的に修復する診療科目になります。

 

形成外科の看護師の業務は、医師の診療介助や、手術介助になります。形成外科は外傷や失った身体の一部を作ることで、外見や機能を形成する診療科です。患者は見た目を気にして形成手術を受けますので命に関わる処置ではなく、心を豊かにするケアが看護師に必要でしょう。疾患や事故によって失われた身体を取り戻すため、美容外科とは異なります。

美容外科

美容外科の仕事内容の詳細はこちら ≫

美容外科とは、美容を目的を中心とした手術などを行う診療科のこと。病気の治療ではなく、医学的にみて正常な部分を美的な外見にすることを目的に治療を行うため保険が適用されない自由診療となる。

 

美容外科の看護師は手術前の準備や手術の介助、バイタルチェックをおこないます。健康な患者が美を求めて処置を受けるため、看護師に接遇面の心構えや振る舞いも大切な仕事となります。患者は体にコンプレックスがあって美容的な外科手術を受けるため、正常な健康体であり病人ではありません。形成外科とはまったく異なります。患者の要望度も高いケースが多いため、コミュニケーション能力が必要不可欠となるでしょう。

脳神経外科 脳神経外科とは、脳や脊髄、末梢神経など神経系全般の病気の治療を行う診療科のこと。

 

脳神経外科の看護師は、頭や脳疾患の緊急性の高い手術を受ける患者の看護をします。
命に関わる重大な治療となるため、術前術後も危険な期間が続き、患者だけでなく家族へのサポートも必要となります。また手術が成功し回復した後も、リハビリが必要になるためリ回復ハビリテーション病院へ転院するケースがほとんどです。急性期の脳神経外科の看護までしか携われないため、転院後の患者がどういった生活を送っているのか、非常に気になるという看護師も多いようです。専門性を極めて「脳卒中リハビリテーション看護」専門看護師を目指すことができます。

呼吸器外科 呼吸器外科とは、肺・気管・気管支・縦隔・胸壁・横隔膜などの呼吸器の外科的疾患の治療を行う診療科のこと。

 

呼吸器外科の看護師は、呼吸器疾患の患者と関わり、特に肺がんの外科治療の看護に携わることが多くなります。そのため放射線科や呼吸器科との連携も必要となります。呼吸器外科の専門性を極めて「慢性呼吸器疾患看護」認定看護師を目指すこともできます。

心臓血管外科 心臓血管外科とは、心臓・血管の病気を手術、治療する診療科のこと。バイパス手術や人工弁・人工血管の置換手術、ペースメーカー・植え込み型除細動器(ICD)の埋め込みなど外科的治療を扱う。

 

心臓血管外科の看護師は、バイパス手術や弁置換手術、ペースメーカー・ICDの埋め込み患者をケアします。命に関わる重症患者の看護ですので、冷静かつ迅速な判断と行動が必要となります。急変の事態に備えるため勤務中はひと時も気が抜けない状況が続くでしょう。そのため心臓血管外科の看護から、他科(他病院)へ転職すると緊張感の違いや時間的余裕にギャップを感じることがあるようです。

小児外科 小児外科とは、15歳以下(程度)の小児の外科的疾患を扱う診療科のこと。消化器、呼吸器、一般外科疾患などが治療範囲。一般的に、脳や脊髄、心臓血管、眼、耳鼻咽喉、骨、泌尿器などは対象外。

 

小児外科の看護は先天性による外科治療が多く、術後も常に観察を必要とします。成人看護と身体の構造が違うため全く違う知識や経験となります。また逆に小児看護の経験を積んだ看護師は、成人看護をやる際に一から知識を習得する必要があります。小児看護は精神的タフさも重要です。専門性を極めて「新生児集中ケア」や「小児救急看護」認定看護師を目指すこともできます。

皮膚泌尿器科 皮膚泌尿器科とは、皮膚科と泌尿器科の機能を併せ持つ診療科のこと。
皮膚科 皮膚科とは、皮膚に関する病気の治療を行う診療科のこと。皮膚だけでなく、粘膜や毛髪、爪なども皮膚科の範囲。

 

皮膚科の看護師は、季節に応じた疾患があるため年間を通じて忙しいのですが、特に季節の変わり目は忙しく、患者が増えるため効率よく多くの患者の対応をする必要があります。業務内容は主に注射、採血、点滴、薬塗布、薬の説明、感染予防の説明になります。

泌尿器科 泌尿器科とは、副腎、腎臓、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)、前立腺、男性性器に関係する病気を主に治療する診療科のこと。

 

泌尿器科の看護師の業務について。泌尿器科の患者の大半が男性で、診察内容も泌尿器というデリケートな部分になります。尿の症状を観察したり、術後のケアなどをします。性病に関する診察もあり、性病に関する理解と正しい知識を持つことも必要となります。

性病科 性病科とは、性行為により起きる病気の治療を行う診療科のこと。婦人科、泌尿器科、内科、皮膚科で治療を行う医療機関が多いのが実情。
肛門科

肛門科の仕事内容の詳細はこちら ≫

肛門科とは、痔等の肛門の治療を行う診療科のこと。大腸肛門科、直腸肛門科、肛門外科、直腸肛門外科などの診療科名の病院もある。

 

肛門科の看護師の仕事は、主に痔に関する看護となります。外来診察の看護なら介助や問診、検査、検温などになります。入院施設がある肛門科の場合は、患者は基本的に健康で自分で歩いて行動できるため、病院食の配ぜんや入退院後の病室の片づけなど、通常の科ではやらないようなことも看護師がやる場合が多いです。その他、医師の業務補助などになるため、看護師としてのスキルアップはなかなか望めないと言われていますが、入院患者が亡くなるということがまずないため、こういった科が向いている看護師には適任だと言えるでしょう。

産婦人科 産婦人科とは、産科と婦人科の機能を併せ持つ診療科のこと。周産期医学や生殖医学、腫瘍学、更年期医学などに関連した診療科で女性特有の病気を扱う。

 

看護師の仕事はともに女性特有の科目とはいえ、産科と婦人科で関わる疾患が異なります。
産科は女性が出産するまでのケアが中心となり定期健診や体調管理などになります。産科の場合は病棟管理は看護師の仕事ですが、助産師との連携も必要となります。
婦人科は女性特有の疾患に関する患者のケアとなります。内科的要素の診察介助から採血、投薬管理、入院中のケアや看護、手術が関わる場合は外科的な看護も必要となるため幅広い業務となります。専門性を極めると「不妊症看護」認定看護師や「母性看護」専門看護師を目指すこともできます。

産科

助産師の詳細はこちら

産科とは、妊娠から出産、産後のケアまでに関する診察を行う診療科のこと。

 

産科看護師の仕事は、上記と同じですが女性が出産するまでのケアが中心となり定期健診や体調管理などになります。新生児に接することになるのですが小児看護でもなく、病気の患者ではないため成人看護とも違うのですが、新しい命の誕生に携われるところにやりがいを持てる看護師に向いていると思います。新生児に関わるところは助産師業務ですが、病院により看護師も一緒に新生児ケアが出来るところもあります。

婦人科 婦人科とは、女性特有の全般的な病気の治療を行う診療科のこと。

 

婦人科看護師の仕事は、上記と同じですが女性特有の疾患に関する患者のケアとなります。

眼科

眼科看護師の詳細はこちら

眼科とは、視力に関する治療(眼瞼、結膜、角膜、水晶体、眼底、眼窩など)目全般に関する治療を行う診療科のこと。

 

眼科の看護師は、眼科手術のオペ介助と術後の入院患者のケアとなります。眼科は日帰り手術も多く、忙しい病院では10件前後のオペを実施するため、看護師も非常に忙しいでしょう。入院の場合は、体は健康なため看護や体調管理の負担はありません。様々な症例を学びたいという看護師にはスキルアップできないため向いていないでしょう。逆に命に関わる疾患ではないため、そういった看護に携わりたい看護師に適任でしょう。ただ、今後は高齢化で白内障のオペがますます増えるため、眼科看護師のニーズは増えていくでしょう。

耳鼻咽喉科 眼科とは、視力に関する治療、まぶたなど目全般に関する治療を行う診療科のこと。

 

耳鼻咽喉科の看護師は、季節によって非常に患者が増えるため、特に春先は花粉症で非常に忙しくなります。耳・鼻・喉の疾患が対象となり仕事の内容は、医師の診察介助が中心です。日帰り手術や一泊手術もあるため入院患者の看護もしますが、眼科同様に健康な患者ですので、病人看護とは異なり負担が少ないです。

気管食道科 気管食道科とは、気管と食道に関する病気(耳鼻咽喉科と呼吸器科の間)の治療を行う診療科のこと。

 

気管食道科は、呼吸器科内科、呼吸器外科、消化器科内科、消化器科外科、耳鼻咽喉科を、総合的に治療していくための診療科です。気管食道科で働く看護師は、鼻、喉、気管、食道などの総合的知識と技術が必要なります。仕事内容は医師の診察介助と検査、点滴、注射などで、病棟看護師は一般的な病棟看護になります。病院によっては耳鼻咽喉科として診察している場合もあります。

リハビリテーション科

回復リハビリテーション病院の看護師の詳細はこちら

リハビリテーション科とは、病気やケガで運動機能障害をもった人に医学的治療や療法訓練を実施して、運動機能や精神機能の障害を回復させるための診療科のこと。

 

リハビリテーション科の役割は、診療報酬制度が変わり在宅復帰を推進する国政にとって、病棟から自宅生活に戻るための重要な診療科目です。リハは連携する職種が多く存在し、実際にリハを行うのは療法「理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)」となります。またそれだけでなく、専門のリハビリ科医(リハ医)、義肢装具士(PO)、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)が治療にあたり、患者のADL向上に努めています。看護師の仕事は見守り看護と言われており、患者自身で機能回復をして社会生活復帰をしてもらうために、看護師はすぐ介助せず辛抱強く身体機能が回復する手助けをする必要があります。回復期リハビリテーション病院の単科病院も多く存在し、専門性を極めることで「脳卒中リハビリテーション看護」認定看護師資格も目指せます。

放射線科 放射線科とは、画像診断部門と放射線治療部門の2つに分けられ、画像診断はレントゲン写真やCT、MRI、超音波検査のこと。放射線治療は悪性の腫瘍等に治療を行う診療科のこと。

 

放射線科の看護師は特殊な専門科と言えるでしょう。実際に看護師が放射線照射する事なく、医師や放射線技師が実施します。ただ、放射線科で働く看護師として放射線に関する知識は必要になります。レントゲンは検査補助になりますが、放射線治療は、主にがん治療となりますので患者の身体と精神的なケアが求められます。専門性を極めることで「がん放射線療法看護」認定看護師資格も目指せます。

(歯科医業)

歯科 歯科とは、歯に関する治療を行う診療科のこと。虫歯、歯周病の予防・治療、義歯(入れ歯)、歯並び・矯正、インプラント(人工歯根)などを専門に扱う診療科。
矯正歯科 矯正歯科とは、歯並びや噛み合わせ等を治療する診療科のこと。自由診療の場合が多い。
小児歯科 小児歯科とは、15歳以下(程度)の歯に関する治療を行う診療科のこと。
歯科口腔外科 歯科口腔外科とは、歯・顎から喉まで口腔内の手術を行う診療科のこと。口唇、口蓋)、舌、口底粘膜、歯牙、歯肉など軟口蓋、顎骨(あごの骨や、あごの関節)および唾液腺(耳下腺を除く)までと幅広く扱う。

麻酔科

麻酔科 麻酔科とは、手術中の麻酔や、痛みをとるため(ペインクリニックなど)の治療を行う診療科のこと。他の一般標榜科目と違い特殊標榜科目扱い。

 

診療科目、施設、雇用形態ごとの看護師の特長をもっと詳しく説明します♪>>

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方