看護必要度の評価と意義なら看護師求人サイト口コミ情報ランキング

看護必要度とは

平成26年診療報酬改定で、急性期病院の再編、亜急性期病棟、ケアミックスや療養病院の病棟転換が今後進んでいきますが、平成24年に実施された診療報酬改定で看護必要度の要件適用が厳しくなりました。2年ごとの診療報酬で高齢化社会の医療制度に向けて変化していますので、ここでおさらいをしたいと思います。

 

 

看護必要度の高い患者の割合が一定数ないと7:1入院基本料が維持できなくなったのが、24年度診療報酬
改定でした。これは病院機能に合わせた効率的な入院医療の評価をすることで、急性期7:1の病院は急性期医療に専念し、急性期治療ができていない病院は入院患者の受け入れを見直すか10:1にランクダウンすることで医療費の削減を目的としたものと言われています。

 

実際に国の医療費は2013年度40兆円近くになっており、そのうち半分は税金でまかなっているような状態です。少子高齢化が進むと税収が減るだけでなく、高齢者ほど病気になりやすいため医療費が増大していきます。

 

患者にとって過酷な時代が来たのではなく、患者の症状に応じて必要な医療を提供する病院の体制を整えることで医療費を抑制するために看護必要度という指標が要件適用される事とになりました。

 

前述のように、7:1は看護必要度の高い患者割合が引き上げられ、10:1病院は看護必要度を評価することが算定要件となり、13:1や回復リハ病棟においても看護必要度の項目を用いた評価が新設されました。

 

看護必要度 = 入院患者に提供される看護の必要量

 

 

日本の医療業界では看護師の人数が多いほど良質な看護を提供できるという概念で、看護体制が7:1の病院は高い診療収入がありました。しかし実際には看護師の人数は、病院の経営を左右する指標として考えられてしまい、本来の良質の看護を提供するための手厚い看護という趣旨とは違うものとなってしまいました。

 

看護必要度が初めて診療報酬に活用されたのは2003年の重症度の評価柄で、その後も仕組みが進化をしていき2008年に患者の看護必要度による評価が追加されました。

 

そして、看護師の人数で看護の質を判断するのではなく、実際の看護現場で提供されている看護ケアの中身で看護の質を正しく評価しようと、病院機能に合わせた重症患者の受け入れ割合を設定したのが現在の看護必要度です。

 

 

 

■7対1入院基本料の算定要件の見直し

 

平成24年の診療報酬改定で、看護必要度基準の引き上げがありました。

 

病院、病棟

改定前
上段:平均在院日数
下段:看護必要度基準

改定後
上段:平均在院日数
下段:看護必要度基準

一般病棟入院基本料

19日以内
1割以上

18日以内
1割5分以上

特定機能病院入院基本料

28日以内
評価のみ

26日以内
1割5分以上

専門病院入院基本料

30日以内
1割以上

28日以内
1割5分以上

 

 

 

■10対1入院基本料の算定要件の見直し

 

10対1入院基本料届出病棟において看護必要度基準を満たしている患者※が多く入院している病棟の入院患者に対する加算を新設しました。
※看護必要度基準を満たしている患者が看護必要度A項目2点以上かつB項目3点以上で合計5点以上の患者が該当。

 

  • 看護必要度加算1 30点(1日につき)
  • 看護必要度加算2 15点(1日につき)

看護必要度評価加算1 看護必要度の高い患者※を1割5分以上入院させている病棟。
看護必要度評価加算2 看護必要度の高い患者※を1割以上入院させている病棟。

 

 

 

■13対1入院基本料の算定要件の見直し

 

意思と看護職員の役割分担推進のため、13対1病棟で看護必要度の基準を満たす患者が1割以上入院している場合において、一般病棟看護必要度評価加算 5点(1日につき)の算定ができるものとなりました。

 

 

 

■回復期リハビリテーション病院の入院基本料の算定要件見直し

 

在宅復帰のために回復期が担う役割は大きく、回復リハ専門病院だけでなく各病院にリハ病棟が新設され、ADL回復に一役買うでしょう。療法士の採用をしてリハ病棟へ病棟転換する病院はこれからも増えると思われます。

改定前
回復期リハビリテーション病棟入院料1 1,720点
回復期リハビリテーション病棟入院料2 1,600点
改定後
回復期リハビリテーション病棟入院料1 1,911点
回復期リハビリテーション病棟入院料2 1,761点
回復期リハビリテーション病棟入院料3 1,611点

 

 

 

 

 

看護必要度評価者院内指導者研修を受講している看護師長、看護部長も多くいます。
転職という選択肢で、自分がやりたい看護の道を進むなら看護師求人サイトがおすすめです。

 

 

看護師が選んだ求人サイトランキングはこちら >>

看護師求人サイト利用

毎月1万人以上の看護師が利用する当サイトおすすめの求人サイト

カンタン1分登録で好条件の非公開求人をGET!希望条件や時期が決まってなくてもOK。専任コンサルタント親切丁寧に相談に乗ってくれます。複数サイトに登録することでより多くの求人と出会えます。 内部事情に詳しい専任コンサルタントの志望動機。退職理由・履歴書の書き方・病院別面接対策レクチャーで転職成功間違いなし。一人で転職活動するよりも強い味方♪

オススメ看護師求人サイトTOP5

\厚生労働省許可事業者だから安心/

1位

看護師求人サイト ナースではたらこ

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

非公開求人を希望の看護師が続々登録中のナースではたらこ。転職したい看護師に親身になって相談に乗ってくれるから利用者満足度3年連続1位♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非公開求人が見れるサイト

【2】常勤も非常勤も求人多数

【3】顧客満足度3年連続1位

 

ナースではたらこサイトはこちら >>

2位

看護師求人サイト看護のお仕事

非公開求人数★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

どんな希望条件でも徹底サポートが評判の看護のお仕事。利用者満足度で評価が急成長のサイト。じっくり看護師の悩みを聞き徹底の転職サポートで多くの看護師の転職をお手伝い。転職支援金最大12万円も好印象♪

 

▼サイトの特長▼

【1】620万円〜非公開求人多数

【2】パート/ママナース求人多数

【3】最大12万円のお祝い金あり

 

看護のお仕事サイトはこちら >>

3位

看護師求人サイトナース人材バンク

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★★|お祝い金★★★★★

 

紹介実績No,1.安心の業界の最大手ナース人材バンク。地方にも強い看護師専業の転職サービス会社。10万人以上の転職実績だから看護師の求人といったら思い浮かぶのがココ♪

 

▼サイトの特長▼

【1】600万円〜非公開求人多数

【2】常勤と日勤常勤にオススメ

【3】年間登録看護師数10万人以上

 

ナース人材バンクサイトはこちら >>

4位

看護師求人サイトマイナビ看護師

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

ゆっくり焦らず自分のペースで探すならマイナビ看護師。利用者満足度96%、安心のマイナビブランド。日勤や企業の求人も豊富でゆっくり自分のペースで転職活動ができます♪

 

▼サイトの特長▼

【1】日勤の非公開求人多数

【2】企業看護師にオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

マイナビ看護師サイトはこちら >>

5位

看護師求人サイト医療ワーカー

非公開求人数★★★★★|転職実績★★★★★
利用者満足度★★★★|お祝い金★★★★★

 

非常勤、日勤パート、クリニック希望にオススメの医療ワーカー。保健師の非公開求人も多数あるからこだわり条件で探したい看護師、保健師の利用者急増中♪

 

▼サイトの特長▼

【1】非常勤/日勤パート求人多数

【2】日勤クリニックにオススメ

【3】保健師求人も多数取扱い中

 

医療ワーカーサイトはこちら >>


看護師求人サイトに登録するメリットは・・・

 

■好条件の非公開求人をイチ早く紹介

 求人サイトが独自入手した多数の好条件の非公開求人をあなただけに紹介。

■看護師求人のプロが支援

 ナースの転職活動を全て支援するから、希望条件や時期が決まってなくても相談OK。

■あなたに合った転職活動

 看護師専門のコンサルタントが求人紹介、面接調整、給料交渉まで徹底サポート。

■厚生労働省許可事業者

 個人情報の取り扱いも万全。確かな実績と許可事業者の安心サポート。

■複数サイトを併用OK

 複数サイト登録で多くの求人と出会えます

人気看護師求人サイトランキング詳細はこちらから>>


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

看護師求人サイトTOP ランキング 東京高給料求人 診療科の特長 履歴書の書き方